将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!【要約・レビュー】

 

10歳までは、勉強よりも“読み聞かせ”をしてあげてください

こう語るのは、今回紹介する本の著者であり教育の専門家の松永暢史さん。

 

子供の頃の「読み聞かせ」は、その後の読書習慣や学力に影響してくるという調査結果もあります

子供の頃の「絵本の読み聞かせ」が学力向上に効果的な理由!

2019.04.14

今回は「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」で学べる、いくつかのポイントを要約して紹介していきます。。

 

「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」で学べる3つのポイント!

 

「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」では、どんなことが学べるのでしょうか?

ポイントを3つほどに絞って紹介していきましょう↓↓

 

「読み聞かせのコツ」や「絵本の読み方」

まず、「読み聞かせのコツや読み方」について学べます。

子供に絵本を読み聞かせるためのコツや絵本の読み方については別記事にて少し紹介していますが↓↓

「絵本の読み聞かせ」でこんな間違った読み方をしていませんか?【コツ↓↓】

2019.04.13

「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」の本書では、さらに詳しく「読み聞かせのコツ」などを知ることができます。

 

読み聞かせする時の「注意点!」

続いて、「読み聞かせの注意点」についても学べます。

例えば…
  • 子供が文字を読めるようになったら、すぐに自分1人で読書させたほうがいい?いいえ、東大生の親の中には“中二まで”読み聞かせを続けていたという親もいます。(P-38)
  • 子供が読書嫌いで話を聞かない?…もしかしたら、言葉の読み方に問題があるかもしれません。(P-50)
  • 「また同じ絵本?偏り過ぎじゃ…」ちょっと待って、これはチャンスです。(-P.80)

などなど、もちろんこれだけではありませんが、

育児をする親が不安になりそうなことや「読み聞かせをする時の注意点」なども多く学ぶことができます。

 

読み聞かせの「絵本の選び方」・「年齢別おすすめ本」

そして、読み聞かせをする時の「絵本の選び方」や「年齢別に分けられたおすすめ絵本」の紹介などもありました。

「絵本の選び方」については、
  • 赤ちゃんはどんなことに反応しやすいか?
  • そもそも、読み聞かせの目的はなにか?

など、さまざまな観点から学ぶことができます。

 

また、「年齢別のおすすめ絵本」については、
  • 「1~2歳」におすすめの絵本
  • 「3~4歳」におすすめの絵本
  • 「5~6歳」におすすめの絵本

という感じで年齢別に分けられていました。

また、絵本のいくつかの種類(文学作品や知識本)についても紹介されていましたので、

子供にとって、世界観が広がるような本選びができることでしょう。。

 

勉強よりも、まずは読書(読み聞かせ)!

 

著者の松永暢史さんは、子供の教育についてこんなことを言っていました↓↓

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

勉強の先取りが悪いというわけではありません。

ただ、それよりももっと大切で、もっとたっぷりと必要なのが「読書」なのです。

“地頭の基礎が作られる”10歳くらいまでは、「本」をとにかく与えてほしい

「読書」にかける時間をたっぷり作ってあげてほしいのです。(-P.22)

 

学校の試験の勉強をさせれば、単純に知識量は多くなるかもしれません。

ですが、頭の良さは(地頭)は、単に知識量だけではありません。

それよりも、物事を自分で考える力・問題を解決する力を身に着けることが重要です。

そして、その土台となるのが、子供の頃の読書…つまり、「読み聞かせ」なのです。

ぜひ、お子さんの将来のために、「読み聞かせ」について、正しい知識を学んでみてください(^^♪

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」