「絵本の読み聞かせ」でこんな間違った読み方をしていませんか?【コツ↓↓】

 

あなたは「絵本の読み聞かせ」でこんな読み方をしていませんか?
  • 抑揚をつけて読む
  • 絵本の言葉を自分なりに言い換えて読む
  • 朗読のようにスムーズに読む
  • 登場人物になりきって、感情をこめて読む

もしこれらの中で、1つでも当てはまる項目があったのなら、少し「読み方」を見直す必要があるかもしれません。

 

というのも、子供教育や学習などの専門家である松永暢史さんは、

こういった「絵本の読み聞かせ」は少し注意する必要があると、

著書の『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! 』の中で語っていました。

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!【要約・レビュー】

2019.04.15

 

なぜ、このような「読み方」は注意する必要があるのでしょうか?

それは、「読み聞かせの目的」を知ることが重要になってきます。。

 

読み聞かせの目的とは「言葉の音」を聞かせること!

 

そもそも、「読み聞かせをする目的」ってなんでしょうか?

語彙力を高めるため?理解力を高めるため?話の流れを…などなどいろいろ浮かぶと思います。

 

子供教育や学習などの専門家である松永暢史さんは、

それらの目的も正しいとは言っていますが、1番の目的ではないと語っています。

 

では「読み聞かせ」の1番の目的とは何でしょうか?

著書の中でこう語っています↓↓

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

それは、「音を聞かせること」です。

絵本に書かれている一字一句のすべてを、子どもの耳から体内へ注入させるようなイメージで読んで聞かせること。

これが、読み聞かせです。

“言葉の音”を聞かせて学習させる…

これこそが「読み聞かせの真の目的」なのです。

 

確かに、言葉の意味を理解する前に、まずは「言葉の音」を耳で覚えなければ始まりませんよね。

日本語なら日本語、英語なら英語のそれぞれ特有の“言葉の音”があるということでしょう。

なので、“日本語の音”を考えずに、自分勝手に抑揚をつけたりしては、「読み聞かせの目的」を無視した読み方になるんですね。。

 

専門家がおすすめする「絵本読み聞かせ」の読み方やコツって?

 

では、「言葉の音」を意識しながら、読み聞かせするにはどんな読み方をすればいいでしょうか?

子供教育や学習などの専門家である松永暢史さんがおすすめする「読み聞かせ」のコツやポイントをいくつか紹介していきましょう↓↓

 

1語1語「言葉の音」を聞かせるようにはっきり読む!

「読み聞かせ」の目的とは、“音を聞かせること”と先ほど紹介しました。

言語によって、言葉の音は違うので、日本語なら日本語の言葉の音、英語なら英語の言葉の音があるわけですが、

どの言語でも重要なのは、1語1語ゆっくりとはっきりと“言葉の音”を聞かせることが大切のようです。

 

特に0歳児や胎児で言葉の意味をまったく理解していない赤ちゃんの時の「読み聞かせ」は、

「少し読むスピード遅くて変かな…」と感じても、

この“言葉の音”を聞かせることを意識すると、言葉の吸収も早くなることでしょう。

その後は、年齢に合わせて、子供がしっかりと聞き取れる程度のスピードに変えていく必要があります。

 

「絵本の言葉」を変えて読まない

よく、変に幼児言葉で読み聞かせたりする親が多いそうなのですが、

こういった、自分なりに言葉を変えて読むことはあまりしないほうがいいようです。

 

確かに少し考えてみれば、

作者さんが小さな子供のためを思って時間をかけて書いているわけですから、

自分勝手に言葉を変えて読むより、絵本の言葉通りそのままに読んだほうが、

子供も喜んだり、勉強になったりするのかもしれませんね。

 

また、ちょっと難しそうな言葉でも、言いかえて読む必要はないと言います。

語彙力を増やすチャンスを逃すというのもありますが、

それ以上に、難しい言葉の音を聴くチャンスを逃すからです。

 

抑揚をつけ過ぎず、「自然な言葉」を意識して読む

登場人物になりきって感情をこめすぎたり、朗読のように読み聞かせる必要はないと言います。

抑揚をつけすぎたりするよりも、1語1語の言葉の音を意識して、話しかけるように自然に読むほうがおすすめのようです。

 

ですが、抑揚をつけすぎないと言っても、

ただ棒読みだと逆に不自然な読み方になってしまうので、

出てくるキャラクターの年齢・性別などで、ある程度声をトーンを変えながら、

あくまでやりすぎない“自然な読み方”を意識するのが大切なようです。。

 

赤ちゃんや幼児が読書をする方法は「読み聞かせ」だけ。。

 

当たり前ですが、赤ちゃんや幼児が読書をするには「読み聞かせ」しか方法はありません

どんな子供も「読み聞かせ」から、言葉を覚え、いろんな世界を知り、その後の人生に活きてくるのです。

子供の頃の「絵本の読み聞かせ」が学力向上に効果的な理由!

2019.04.14

子供の頃の「読み聞かせ」の経験が、その後の学力や読書習慣に影響することは、さまざまな調査結果からもわかっていますし、

子供のためにも一緒に楽しい思い出とともに「読み聞かせ」をしていけたら最高ですよね(^^♪

ぜひ、今回の絵本の読み方を参考にしてみてください。。

 

もし、「読み聞かせ」について無料で情報を探している場合は、こちらから探してみることをおすすめします( ..)φ

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」