「絵本の読み聞かせ」に最適な時間帯はいつ?読む時間の長さはどのくらい?

 

「寝る前に絵本読もうね」

私たちがよく見る光景ですが、

そもそも、この寝る前の時間帯って子供にとってどうなんでしょうか?

 

今回の記事では、「読み聞かせの時間」について、2つの観点から紹介していきます。

1つは、「絵本を読む時間の長さ」について。

もう1つは、「読み聞かせをするのに最適な時間帯」について紹介していきます。。

 

【平均】「絵本の読み聞かせ」をする時間の長さは?

 

1日平均、どれくらい読み聞かせしていたか?

という親に子供の「読み聞かせ時間」を調査した結果があります。

 

ベネッセ教育総合研究所「3~5歳児家庭の読み聞かせの現状」によると、

半数以上の親の1日の平均「読み聞かせ時間」は、5~15分未満

また、年齢が上がるにつれ、読み聞かせの頻度や時間も減る傾向にありました。

 

では、周りの親たちの「読み聞かせ平均時間」をもう少し細かく割合を見ていきましょう↓↓

 

「1日5分未満」の平均:21.7%

年齢別の内訳は↓↓
  • 3歳:17.7%
  • 4歳:21.4%
  • 5歳:26.1%

 

「1日5分未満」の読み聞かせの割合は、どの年齢も低くはありませんね。

この時間の長さだと、

1日の「読み聞かせ」する絵本の冊数は1冊ぐらいでしょう。

 

「1日5~15分未満」の平均:51.9%

年齢別の内訳は↓↓
  • 3歳:54.1%
  • 4歳:51.9%
  • 5歳:49.7%

1番多かったのが、この「5~15分未満」の時間。

 

絵本を読むスピードや絵本の長さにもよりますが、

ほとんどの親は、1日平均「1~4冊程度」の絵本を読み聞かせてあげているということでしょう。

(実際、KUMONの読書調査でも、84.7%の人が1日1~4冊の絵本を読み聞かせしているという調査結果がありました。)

 

「1日15~30分未満」の平均:約19.3%

年齢別の内訳は↓↓
  • 3歳:19.9%
  • 4歳:19.6%
  • 5歳:18.3%

1日に15分~30分ぐらいだと、まだそこそこ多いですね。

ここまで見てわかるのは、

9割以上の親は、1日30分以内の「読み聞かせ」をしているということがわかります。

 

「1日30分~1時間未満」の平均:4.9%

年齢別の内訳は↓↓
  • 3歳:6.4%
  • 4歳:4.3%
  • 5歳:4.0%

1日に30分以上の「読み聞かせ」となると、一気に数が減ってきますね。

平均では5%を切っています。

この時間の長さだと、1日に6~10冊ぐらいの絵本を読み聞かせをしてあげているという感じでしょうか。

 

「1日1時間以上」の平均:約1.6%

年齢別の内訳は↓↓
  • 3歳:1.6%
  • 4歳:1.7%
  • 5歳:1.6%

「絵本の読み聞かせ」を1時間以上してる親の場合、

そもそもの育児教育への関心の高さが、平均より明らかに高いのでしょう。

他と比較して、年齢が上がっても割合にほとんど違いがないのがわかります。

 

子供が嫌がっているのに、無理にやる読書は逆効果ですが、

子供が興味を持ってくれているうちは、どんどん「読み聞かせ」してあげるのが、

のちのち子供にとっても良い影響を与えるでしょう。。

「読書好き」の子供に共通する“3つ”の特徴!【調査結果あり!】

2019.04.09

 

「絵本の読み聞かせ」をしている時間帯の平均は?

 

続いて、「絵本の読み聞かせ」をしている時間帯の平均を見ていきましょう。

参考にしたのは、KUMON読み聞かせアンケートの調査結果です↓↓

 

「寝る前(就寝時)」:45.7%

1番多かったのが、寝る前(就寝時)の時間帯です。

「寝る前に絵本読んであげようね^^」

私たちがよく知ってる光景。

実際に、夜寝る前の時間帯に「読み聞かせ」をしてあげている親は多いようです。

 

「時間は決めていない」:31.3%

「読み聞かせの時間帯」の割合として多かったのは、

この「時間は決めていない」というのと、先ほどの「寝る前(就寝時)」でした。

 

読み聞かせの時間帯は決めずに絵本を読んでいる親も多いようです。

子供が「絵本読んで~」と言ってきたら、なるべく読んであげたいのが親というものです。

赤ちゃんや子供の喜ぶ顔が見れるだけで幸せですもんね(^^♪

 

「午前中」:4.3%

午前中に読み聞かせする親は一気に減りましたね。

保育園や幼稚園の関係もあるでしょうが、午前中に「読み聞かせ」している親は5%未満

 

子供だけでなく、大人でも朝は貴重な時間帯と言われていますし、

この少ない割合の中に入っている親なら、朝だけでなくいろんな時間帯で「読み聞かせ」をしていそうですね。。

なぜ、9割の親が1歳までに絵本の読み聞かせを始めているのか?「いつからやるべき?」

2019.04.13

 

【時間帯】「絵本の読み聞かせ」の最適なタイミングはいつ?

 

では、「絵本の読み聞かせ」のタイミングはいつが最適なんでしょうか?

「読み聞かせ」について研究している専門家の意見を見ていきましょう。

 

子供教育などの専門家である松永暢史さんは著書「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! 」の中で、

「絵本の読み聞かせの時間帯」について、こうはっきり断言しています。

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

1番良いのは、寝る前です。

ここで重要なのは、別に“夜”とは言っていないことです。

お昼寝前のちょこっとした睡眠の前などでも効果的だと言います。

 

というのも、脳は睡眠中に記憶を知識として定着させるので、学習効果が高いからだそうです。

よく「睡眠学習」なんて聞きますよね。

寝る前のちょっとした「読み聞かせ」は、が赤ちゃんや幼児にとって、のちのちとても大きな見返りとなって返ってくるわけですね。

 

また、読むタイミングについては、親子でゆっくりと心地良く「読み聞かせ」を楽しめるなら時間帯はいつでも構わない」とも言っていました。

なので、寝る前以外の読書がダメというわけではなく、

あくまで、1番効果的なのが「寝る前」ということですね(^^♪

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!【要約・レビュー】

2019.04.15

 

「絵本の読み聞かせ」経験は、その後の読書習慣や学力に影響する。。

 

文部科学省の調査結果から、小さいころに親から「読み聞かせ」してもらった人ほど、その後の読書習慣がある傾向にあることがわかっています。

また、小中学生を対象とした学力調査では、子供の頃に読み聞かせを受けていない人より、全教科で学力が高い結果が出ていました。

 

なので、赤ちゃんの時や小さな子供の時にどれだけ「絵本の読み聞かせ」をしてもらえるか?

はとても重要だということですね。。

子供の頃の「絵本の読み聞かせ」が学力向上に効果的な理由!

2019.04.14

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」