「読み聞かせって“いつまで”やればいいの?」って思った方はこちら↓↓

 

「読み聞かせってやったほうが“子供のためになる”とは聞くけど…」

そもそも、「読み聞かせ」って“いつまで”やるのが効果的なんでしょうか?

 

今回は、「読み聞かせ時期」についての“周りの平均”と“「読み聞かせ」の体験談”を紹介していきます。。

 

【平均】みんなは、いつまで絵本の「読み聞かせ」してるの?

 

まずは、周りの親たちの平均を見ていきましょう。

周りの親は、いつまで「絵本の読み聞かせ」を続けているんでしょうか?

ベネッセ教育総合研究所で調査された「3~5歳児家庭の読み聞かせの現状」の結果を参考にしてみましょう↓↓

 

3歳頃の「読み聞かせ頻度」の平均

まずは、年少時の3歳頃の「読み聞かせ頻度」から。

内訳は↓↓
  • ほぼ毎日やっている:31.8%
  • 週3~4回:23%
  • 週1~2回:26.1%
  • 月1~3日:12%
  • ほとんどやってない:6.6%

3歳頃だと、まだまだ「読み聞かせ」をやっている親は多いようですね。

この年齢で「読み聞かせ」をやっていない親は、6.6%とかなり少数派です。

 

4歳頃の「読み聞かせ頻度」の平均

続いて、4歳頃(年中時)の「読み聞かせ頻度」の平均の紹介です。

内訳は↓↓
  • ほぼ毎日やっている:25.5%
  • 週3~4回:17.8%
  • 週1~2回:30%
  • 月1~3日:15.5%
  • ほとんどやってない:10%

4歳頃になっても、まだまだ「読み聞かせ」を続けている親は多いようですが、

読み聞かせの“頻度”となると、週1~2回の親が多くなってきているようです。

読み聞かせをやらなくなった親も2桁の10%になっていますね。

 

5歳頃の「読み聞かせ頻度」の平均

最後に、5歳頃(年長時)の「読み聞かせ頻度」の平均です。

内訳は↓↓
  • ほぼ毎日やっている:17.8%
  • 週3~4回:15.8%
  • 週1~2回:30%
  • 月1~3日:19.8%
  • ほとんどやってない:16.3%

5歳頃になると、毎日「読み聞かせ」をやっている親は、2割を切ってしまいました。

また、3歳頃と比較すると、

“読み聞かせをやっていない親”の割合が約2.5倍増えている」ことがわかります。

 

これらの調査結果からも、3歳~5歳という児童期年齢の間でも、年齢を重ねるごとに「読み聞かせの頻度」も明らかに減ってきているのがわかりますね。。

 

「読み聞かせ」は“いつまで”やるのが効果的?

 

「読み聞かせ」はいつまでするのが効果的なの?

の答えは

⇒「子供が「読み聞かせ」をして欲しいと言ってくる間はずっと」です。

 

というのも、

この結論については、多くの教育・子育ての専門家たちが口にしていることなのです。

いくつか例を挙げて紹介してみましょう↓↓

 

【ママ体験談】息子自ら「読み聞かせ」卒業宣言?

例えば、子育てカウンセラー協会の認定講師である三室容子さんは、

「いつまで読み聞かせすればいいの?」という問いに対して、著書の中でこのような回答をしています↓↓

実践!!ママがワクワクする読み聞かせ法

ひとりで読めるようになっても読み聞かせは続けて下さい

自分で読むのとお母さんに読んでもらうのでは、楽しさが違うのです。

本の楽しさがわかり始め、興味のある本を自分から手に取るようになっても子供が選ぶ本は、ジャンルが偏りがちになるので知識を広げるためにもお母さんが選んだ本の読み聞かせが必要なのです。

三室容子さんは、小学校低学年から中学年ぐらいまで「読み聞かせ」を続け、

結果的に子供が自分から読書をするようになったそうなのですが、

その時に、こんな興味深い体験をされたそうです↓↓

実践!!ママがワクワクする読み聞かせ法

私の息子が小三の時、「今までの読み聞かせの時間を、これからは、ひとりひとりが自分の本を読む時間にしたい。」といきなりの読み聞かせ修了宣言

息子も読んでもらうより、自分で読んだ方が速くなっていたのでしょう。

それからは、親子それぞれが自分の本を読む時間になり、隣で読んでいる様子を見てページをめくる速さに驚いたのを覚えています。

なんと、「読み聞かせ」をやめて、自分から読書をしたいと言ってきたんですね。

これは、完全に読書好きな子供になっている証拠とも言えますよね。

 

個人差はあるでしょうが、

このように「読み聞かせ」を続けると、子供が読書好きになる効果を体験している親は多くいます。

 

この本は“無料”で読めます。

今紹介した子育てカウンセラー協会の認定講師である三室容子さんの本は、こちらから無料で読めますので、良かったらどうぞ(^^♪

 

では、もう1つだけ「読み聞かせ」について、興味深い体験談をご紹介してみましょう↓↓

 

【イクメン体験談】娘が「読書好き」になった瞬間…

児童文学作家であり、イクメンでもあった大川悦生さんは、よく娘に「読み聞かせ」をしてあげてたそうなのですが、

子供が読書好きになった瞬間について、著書「子どもの耳を育てる―私の民話と読み聞かせから」で語っていた体験談がとても面白いものでした。

イクメン児童文学作家の“読み聞かせ体験談”「子どもの耳を育てる―私の民話と読み聞かせから」【レビュー・要約・感想】

2019.04.23

詳しくは、上の関連記事に書いてあるので、ちょこっとだけの紹介ですが、、

↓↓

児童文学作家の「読み聞かせ」体験談↓↓

大川悦生さんの娘さんが7歳頃の話です。

それまでずっと「読み聞かせ」を続けていて、娘も喜んで聞いていたようなのですが、

ある日、「子供が読書好き」になったことを感じた瞬間があったと言います。

 

その時の言葉が…↓↓

お父さんが読むと、お父さんの声しか聞こえないけど、

自分で読むと、本の中のいろんな人の声が聞こえてくるの♪

…確かに、この言葉は「想像力」豊かな子供に育っているという、何よりの証拠ですよね。

 

こんな感じで、「読み聞かせ」をしていく過程の中で、

自然と子供が“本を読むことが好き”になってくれる「読み聞かせ」ができたら1番ですよね(^^♪

 

本の「読み聞かせ」で絶対にしてはいけない1つのこと!

 

子供に「読み聞かせ」する上で、絶対にしてはいけないのは、

「ねぇ、絵本読んで~」

と子供が寄ってきた時に、絶対にめんどくさそうな嫌な顔をしてはいけません。

子供は親の感情を敏感に感じ取ります。

最悪、本が嫌いになってしまう可能性もあるでしょう。

 

ですので、年齢関係なく、

子供が「読み聞かせ」を望むまでは“ずっと”付き合ってあげるのがベストでしょう(^^♪

子供の頃の「絵本の読み聞かせ」が学力向上に効果的な理由!

2019.04.14

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」