高校生と小学生の「平均読書量の差」がヤバいw

 

日本人の「読書量」について、こんな調査結果を知っていますか?

↓↓

高校生より小学生のほうが平均で“10倍近く”本を読んでいる!

 

これから下に示す表は、

全国学校図書館協議会で毎年調査されている「読書量」についての結果です。

↓↓

1か月間の平均読書冊数 小学生(4年~6年) 高校生
2016年 11.4冊 1.4冊
2017年 11.1冊 1.5冊
2018年 9.8冊 1.3冊
平均 約10.8冊 1.4冊

 

いかがでしょうか?

ここ数年分の結果だけ見ても、

明らかに「一か月間の読書量」の差があることがわかります。

 

さらに過去を振り返ってみても、

平均読書量で、高校生より小学生のほうが“10倍近く”本を読んでいることがわかります。

 

なぜ、高校生よりも小学生のほうが、多く本を読んでいるのでしょうか?

 

高校生と小学生の読書量の差の理由の1つは、

小学校で習慣的に行われている「朝読書」にあります。

 

高校生では、「朝読書」のような時間は設けられていないので、

読書量は必然的に少なくなってしまいます。

 

この結果からは、“自発的に読書をしていない人が多い”ということもわかりますね。

つまり、読書離れというやつです。

文字がズラーっと、活字ばかりの本よりも、他のマンガやゲームを見るという選択を自然にとってしまうのでしょう。

 

そして、読書離れは何も高校生だけではありません。

社会人になってからは、

読書とする人としない人の差は、さらに顕著に表れてきます。

「本を読む人と読まない人の違い」年収に明らかな差が…

2019.04.07

 

図書館の利用は1人あたり「年間平均1~2回だけ!」

 

図書館の数は年々増加傾向にあります。

ですが、図書館の利用者はここ最近は減ってきています。

というのも、文部科学省で行われた図書館利用の調査結果では、

1人あたりの年間図書館利用数は、平均で「1~2回の利用」にとどまっているようです。

 

本の平均購入金額が増えているわけでもないので、

本当に読書離れが進んできているということでしょう。

 

成功する人は皆「本の価値」を知っている。。

 

「本には、海賊が見つける宝よりも、もっと素晴らしい価値がある」

ウォルト・ディズニーは、本についてこのような表現を残しました。

 

「読書をしなければ…」

と無理に読書をする必要はありませんが、

本には、昔の人たちが残してくれた知識という、とても重要な財産が詰まっているのは確かでしょう。

 

ネット社会の中で、本以外にもたくさん情報収集する場は増えてきました。

ですが私たちは、「本が持つ本来の価値」について、もっと深く考えていくべきなのかもしれませんね。。

 

ちなみに…

最近の読書は、「読む」より「聴く」の人が多くなってきているようです。

確かに、最近の研究結果でも“読むより聴くほうが効果が高い”こともわかってきてますしね。

こちらから無料で聴くことも可能ですので、気になった方はぜひ耳読書を試してみてください(^^♪

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」