【無料】「ホレのおばさん」の絵本(英語あり)・朗読(オーディオブック)はこちら↓↓

「ホレのおばさん」の絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)を“無料”で見るなら↓↓

「ホレのおばさん」とは、グリム童話の1作品です。

「ホレのおばさん」の『絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)』は下のリンクから“無料”でご覧になれます↓↓

 

「ホレのおばさん」の内容・あらすじ・要約

 

ある国の小さな町の一軒家に母親と2人の娘が住んでいました。

姉のマリーは優しい性格でとても働き者でしたが、妹ローズは自分のことばかり考えていてとても怠け者の性格でした。

ですが、母親は、妹のことばかりかわいがっています。

なぜでしょうか?

それは、姉のマリーは自分が生んだ娘ではないからです。

マリーは、再婚して病気で亡くなった父の連れ子でした…

そんな状態なので、母親はマリーにばかり家の仕事を押しつけ、自分たちは楽ばかりしていたのです。

 

そんなある日のことです。

姉のマリーが井戸で洗濯をしていると、誤って井戸の中に糸巻き棒(裁縫用具)を落としてしまいました。

マリーは、しばらく困った顔をしながらいましたが、やがて下へ降りて取りに行くことに決めました。

 

そして、下まで降りてみると、マリーは目の前の光景にびっくり!

なんと井戸の底は、不思議な世界に広がっていたのです。

近くに糸巻き棒も見当たらないので、マリーはその不思議な世界へと足を踏み入れてみました。

 

その世界はまるで絵本の世界のようで、パンや木がしゃべりかけてくるのです。

マリーはそこで、助けを求めているパンや木たちを手伝ってあげ、

この世界に詳しい“ホレのおばさん”が住むという家に行くことにしました。

 

「おや、お客さんかい?」

ここでマリーは、ホレのおばさんに糸巻き棒がどこにいったか聞いてみますが、わからないと言われます。

 

「あっそうだ、少しうちの手伝いをしてくれるんだったら、うちにある糸巻き棒を代わりにあげてもいいよ」

マリーは、しばらくホレのおばさんの家でお手伝いをすることに決めました。

 

マリーは、いつものことながら一生懸命働きました。

ホレのおばさんも優しくしてくれて、毎日がとても充実してました。

ですが、そろそろ帰らないといけません。

「あの…私、そろそろ家のことも心配なので、帰らないと…」

 

すると、ホレのおばさんは、元の世界への帰り道と糸巻き棒を渡してくれました。

そして…

「あんたには、たくさんお手伝いしてもらったからね。これはご褒美だよ」

ホレのおばさんは、マリーの頭に金色の雨を降らせました。

すると、その金の雨はマリーの服や持っていたものをすべて本物の金に変えてしまいました!

 

・・・・・・

 

マリーが元の世界へ戻りその話をすると、

欲深い母親と妹のローズは自分たちも金を手に入れようと、ホレのおばさんのもとへ行くことにしました。

「じゃあお母さん、行ってくるね!いっぱい金を持って帰ってくるよ!」

妹のローズは、井戸の底をくぐり抜けて、ホレのおばさんのいる世界へと旅立ちました。

 

ローズは、その不思議な世界へ着くと、途中で助けを求めるパンや木たちを無視して、まっすぐとホレのおばさんのもとへと向かいました。

 

「おや、またお客さんかい」

ローズは、ホレのおばさんに会うと、勢いよくこう言いました。

「何でもしますから、どうかわたしをあなたのもとで働かせてください!!」

 

ホレのおばさんは、マリーと同じように、いくつかのお手伝いを頼みました。

ですが…

ローズが働いたのは、1日だけ。

それ以外の日は、いつものように寝て過ごしていました…

飽きれたホレのおばさんは、ローズにさっさと家に帰るように言いました。

ローズは、これで金がいっぱい貰えるとワクワクしています。

 

「ほら、これがあんたへのご褒美だよっ」

ホレのおばさんは、ローズの頭に油の雨を降らせました。

その後、元の世界へ戻ってからも、ローズは油まみれの体のままで過ごすことになってしまったのです。。

 

「ホレのおばさん」の童話から学べる“教訓”を考察!

 

ではここからは、「ホレのおばさん」について学べることを考察していきましょう↓↓

 

普段の行いが「心」を作る

「ホレのおばさん」の話では、

普段の行いが心を作る”ということを教訓として学べます。

 

姉のマリーと妹のローズの性格は対照的でした。

 

姉のマリーは、いつも一生懸命働き、周りにも優しくするよう努めていたので、

その行いは、不思議な世界へ行った時にもそのまま行動に現れました。

周りで助けを求めるパンや木、そしてホレのおばさんとの生活でもです。

そして、良い行いをすることで、良い結果を引き寄せたのです。

 

一方、妹のローズは、いつも自分のことばかり考え、怠け者な性格でした。

その普段の行いは、不思議な世界へ行ってからも変わることはなく、怠けてばかりいました。

そして、金が欲しいという欲ばかりにとらわれていたため、悪い結果を導きました

 

「ホレのおばさん」の話からは、

普段の行いが「人格」を形成し、良い行いこそ良い結果を導く

ということを教訓として学べます。。

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」