「あらいぐまラスカル」の絵本や動画を無料で見るには?【内容・あらすじ↓↓】

「あらいぐまラスカル」の絵本やアニメ動画を“無料”で見るなら↓↓

 

アメリカの作家のスターリング・ノースのよって生み出された名作児童文学の1つ「あらいぐまラスカル」。

「あらいぐまラスカル」は、スターリング・ノースの少年の頃の実話を題材とした「はるかなるわがラスカル」が原作です。

現在、絵本やアニメ動画は、下のリンク先から無料で見ることができます。

絵本を読む場合…

上のリンク先からあらいぐまラスカルの「絵本」を読む場合、

「読み聞かせ 世界名作劇場」というシリーズ本を検索してください

その中の1作品として入っています。

 

「あらいぐまラスカル」のあらすじ

 

ズダーン!

森の中に大きな銃声が響きわたりました。

驚いた2人の少年は、そちらのほうへ駆け寄ると、1匹にあらいぐまが倒れていました。

一緒にいた子供のあらいぐまは、近くへ寄り、

「どうしたのお母さん…」

という感じで、体をすりよせますが、まったく動きません…

もう死んでいるのです。

 

すると、鉄砲を持った1人の男がやってきて、こう言いました。

子供の毛皮は売れないからな、お前たちにやるよw

2人の少年は呆然とその場に立ち尽くしていました。

ですが1人の少年は、子供のあらいぐまを見て、すぐこう言いました。

「こいつは僕が育てるよ」

そう、これが、主人公スターリングとあらいぐまラスカルの“初めての出会い”だったのです。。

 

「あらいぐまラスカル」の内容を知れる3つのポイント!

 

「あらいぐまラスカル」の話の内容では、どんな学びがあるでしょうか?

3つのポイントにまとめて挙げてみましょう↓↓

 

人間と動物の関係を超えた「きずなの物語」

主人公のスターリングは、とてもラスカルが大好きでした。

手のひらサイズの赤ちゃんあらいぐまの時から育て始めたのです。

それはそれは大切に、一生懸命に愛情をこめてかわいがりました。

まるで、お母さんが我が子を育てているように…

そんな時間がずっと続けば、あらいぐまラスカルとスターリングの間には、

人間と動物の関係を超えた、絆(きずな)のようなものが生まれるのは当然かもしれませんね。

そんな2人の関係が描かれています。

 

ペットを飼う大変さ

あんなにかわいいラスカルですが、誰にとっても愛らしい存在であるとは限りません

というのも、スターリングはあらいぐまラスカルを野放しにしすぎたために、

周りの人に迷惑をかけてしまいます。

つまり、ペットを飼う心得ができていなかったのです。

しかもこの事件は、スターリングとラスカルの“別れを考えるきっかけ”ともなってしまったのです。。

 

人生で絶対にやってくる「別れの日」

人生の中には、どんなに受け入れたくなく辛くても、必ずやってくるのが「別れ」です。

その別れは、自分から決断した別れもあれば、突然やってくるものもあるかもしれません。

「あらいぐまラスカル」の話の中では、

いくつもの「別れ」について大切なことを教えてくれます。。

 

名作として伝えられてきた「あらいぐまラスカル」をぜひご覧になってみてください。




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」