「やっぱ速読って理解力が落ちるのか…」メリット・デメリットから使い方を探る!

速読の「デメリット」は、やはり理解力が落ちる?

 

「あんなに速く読んで、理解力は落ちないのか?

速読を学んでみようかな…と思っていても、

何よりまず先に気になってしまうのが、

この“理解力”問題。

 

 

はっきり言ってしまうと、、

本一冊、数十分とかで読む速読術は、明らかに理解力は落ちます

まぁ当然ですよね。これが現実です。。

 

では

速読は、理解力が落ちるだけのデメリットだらけの読書術なのでしょうか?

いいえ、もちろん速読にメリットがないというわけではありません。

現に成功者の中にも、速読を使っている人はいるのですから、

速読にも使い道はあるのです。

 

今回は、“圧倒的スピードで本を読む”メリットについて紹介していきましょう↓↓

 

速読すると得られる3つのメリット!

 

では速読することには、どんなメリットがあるのでしょうか?

いくつかのポイントを並べてみましょう↓↓

 

「情報力」がつくので、ビジネスチャンスが広がる!

速読の場合、当然多くの情報を目にすることになりますので、

その分、さまざまなビジネスチャンスなどを知ることができます。

知る情報が増えれば増えるほど、

“自分に合った”ビジネスチャンスを掴む可能性が高くなります

 

ただし速読で学ぶ情報力は、

深い知識になることは少なく、広く浅くという意味での知識です。

なので速読は、

学ぶ読書術…というよりは、情報を「知る読書術」と捉えたほうがいいでしょう。

 

取捨選択の「判断力」が養われる!

速読では、文章を素早く見て、その内容がどんなものかを一瞬で判断しなければなりません。

そのため、それが自分にとって有益な情報か一瞬で見極める「判断力」が必要となってきます。

つまり、“情報の取捨選択の力”を高める必要があるということです。

 

これは速読を意識していくと、

自然とその瞬間的判断力の必要性に迫られることになるので、

気づいてたら“前より”判断力が上がってた…

なんて感覚が訪れることもあるかもしれません。。

 

「集中力」を高める意識が身につく!

速読という読書術は、

できるだけ速く読んで知識を得ることが目的です。

通常の読書スピードよりも、速く本を読もうというのですから、

必然的に、目の前の本だけを読むという「集中力」が必要になってきます。

 

なので、速読を意識して読んでいくと、

目の前のことだけに取り組む「集中力」が自然と身につきます。

この“集中力を高める”感覚さえ掴めれば、

本を読む以外の行動でも、集中力の高さを発揮できることでしょう。。

 

結局、速読とは「どんな目的」で使うべき読書術なのか?

 

はっきり言いましょう。

速読は、本を楽しみたい、味わいたい、感動したい…

などという人には向いていません。

「速く読めて、知識も理解力も感動も…」なんて都合のいい方法があるわけありません!

 

では速読は何のためにあるのでしょうか?

それは、「できるだけ多くの情報を知るため」にあるのです。

つまり、理解力は半分でもいいから、多くの情報に触れて、

自分に価値ある情報だけを“効率的”に得よう!

という感じの読書術なのです。

 

なのでもし、しっかり本の内容を学びたいと思うなら、

速さにはこだわらず、

しっかり立ち止まって、自分の考えをまとめて理解を深めていくしかありません。。

 

ビジネス成功者は「速読」と「熟読」を使い分けている!

今まで説明してきましたが、

速読はしっかり学ぶには微妙ですが、“情報を知る読書術”としては優秀です。

そして、速読を使っているビジネス成功者たちというのは、

この速読のメリット・デメリットを知って、読書術を状況によって使い分けているということです。

 

なので、速読のおすすめ使い道としては…

まず本を読む時は、速読から入り、できる限り速く読むことを心掛けながら、

直感的に「これだ!」と思う価値ある文章を見つけたら、

立ち止まってしっかり読み学ぶようにするのです。

そんな使い分ける読書術であれば、

自然と読書量も増え、知識も増え、いろいろなチャンスに触れる機会が多くなることでしょう。

ぜひ、速読術のやり方も学んでみて、

自分にとって1番良い読書術を見つけてみてください。。