効率的にビジネスの勉強してキャリアアップする方法!「STUDY HACKS!」

 

今回の本が参考になる人は…

「時間がない…」けど、“効率的”にビジネスの勉強をしながら、

副業、または転職などをして、将来に不安のない安定した生活を目指したい方向け!

 

「STUDY HACKS!」【要約・書評レビュー】


「STUDY HACKS!」の著者は小山龍介氏。

京都大学卒業後、大手広告代理店に勤務。

その後、サンダーバード国際経営大学院に入学し、2004年にMBAを取得。

現在は、広告プロデューサーとして活躍している。

著書のHACKシリーズは有名。(「IDEA HACKS!」「TIME HACKS!」など)

 

「時間がないけど、ビジネスの勉強をしてキャリアアップしたい!」

というビジネスパーソンが、勉強時間を作る方法には2種類あります。

 

1つは、自分の能力そのものを上げること。

知識も増え、頭の回転を速め…

などなど、自分の能力をUPさせれば、仕事は格段と速くなり、自分の時間も多く取れることでしょう。

よって、勉強する時間が増えます。

ですがもちろん、そんな簡単にいくわけありませんよね。

自分の能力を上げる努力は必要ですが、それは“すぐに”というわけにはいきません。

 

では、2つ目の選択肢。

それは、「やり方・考え方を変える」ということです。

 

「時間がない…」と嘆いている多くのビジネスパーソンは、

社会人になっても学生の時のように“勉強は長い時間を使って学んでいくのが当たり前だ!”

と思っています。

 

ですが、仕事が山盛りのビジネスパーソンにとっては、そんな時間あるはずもありません。

ではどうするか…

……

「社会人の勉強の仕方」を覚える以外にありません。

そして、そのビジネスの勉強方法や考え方のアイデアが、

「STUDY HACKS!」にあるというわけです。

 

今回の本が参考になる人は、

「時間がない…」けど、効率的にビジネスの勉強をして、

副業、または転職をして、不安のない安定した生活を目指したい方。

です。

 

どんな環境や時間管理で勉強してったらいいのか?の方法や、

内面的アプローチである、マインドセット、心構えが載っています。

 

これから、「STUDY HACKS!」で学べることを、簡単に要約して紹介していきましょう。。

 

「短時間で効率的に」覚える勉強術!

STUDY HACKS!

学生と社会人の勉強で一番大きな違いは、勉強時間の長さ。普段仕事をかかえている社会人は長時間勉強することができません。

 

キャリアアップを目指すなら、もちろんビジネスの勉強は必須となります。

でもそうは言っても、「仕事が忙しくて勉強する時間がない…」

という方も多いかと思います。

↓↓

STUDY HACKS!

「大学受験のときのような充実した勉強はもうできない…」と嘆く人がいるかもしれません。

しかし、不思議とそんな感じはしません。むしろ、社会人になってからのほうがより充実した勉強ができているように感じています。

確かに社会人になると、学生の時のように長い勉強時間は、なかなか取れないかもしれません。

ですがそんな少ない時間の中でも、

ビジネスの勉強をして、キャリアアップを図った小山龍介さん。

 

どのような心構えで勉強に取り組んできたのでしょうか?

↓↓

STUDY HACKS!

それは、短時間勉強だからこそ引き出せる集中力。

長時間勉強しているとどうしても出てくる「中だるみ」を避けるのです。

ここに“社会人の勉強法のポイント”が隠されています。

ビジネスパーソンとしてステップアップするには、

やはり“時間の使い方”を学ぶ必要があります。

長い時間勉強に費やせる学生の時とはわけが違うのです。

 

では、勉強への“考え方”をどう変えていけばいいのでしょうか?

↓↓

STUDY HACKS!

「長時間、勉強できない」というふうにネガティブに捉えるのではなく、むしろ「長時間、勉強してはいけない」というふうにポジティブに捉えなおすのです。

挑戦的に自分への制限を課すことで、

脳は自分が思っている以上のスピードで知識を吸収してくれます。

 

学生の時は、だらだらと勉強していても時間はたっぷりありました。

ですが、ビジネス社会で働き始めるとそうはいきません。

 

いまや当たり前となった、スピード重視のビジネス社会では、

その脳の仕組みを十分理解し“効率的”に勉強していく意識が必要ということでしょう。

 

「コーチング」が1番“理解力”が高まる!

「STUDY HACKS!」の中で“勉強法”について、こんな興味深い調査結果が紹介されていました。

↓↓

STUDY HACKS!

学んだことをどれくらい理解しているかを調査したところ、こんな結果が出ました。

聞いたことは10%、見たことは15%、聞いて見たときは20%、話し合ったときは40%、体験したときは80%…

ーー教えたときは90%

多くの人は、本を読んだり聞いたりしただけで勉強した気になっていますが、

それだけでは、10~20%の学びしか得ていないということです。

 

本で学んだ知識を本当に自分のものとしてビジネスで活用していきたいならば、

誰かに教える

という行為が最も重要な勉強法だということです。

 

この調査結果を知ってから小山龍介さんは、

積極的に自分が本などで得た知識をブログに書いたり、会社の人に教えたりするようになったそうです。

すると、驚くほどに理解力が深まり、キャリアアップに大きく繋がったといいます。

 

また、教える…という行為で1番効果的だと語っていたのが…

↓↓

STUDY HACKS!

自分がコーチになってしまうと、さらに絶大な効果があがります。

ーーコーチングをしながら、実は自分自身が学びをもらい、コーチングされていることに気づくのです。

コーチングとは、

相手の潜在能力を引き出すために、マインドや技術面を指導することですが、

最近では、ビジネスでもコーチングの重要性がいろいろなところで目にするようになりました。

 

ですがコーチングは、相手の潜在能力を引き出すためでなく。

最終的には自分の能力を高めるためにも有効的なのです。

↓↓

「教える側になってはじめて編集を理解できる」ということなのです。

逆説的な言い方になりますが、教わっていてはいつまでたっても理解できない。教える側になってようやく理解にたどり着けるのです。

先生という立場は、

相手のためにもなり自分のためにもなるという、一石二鳥の象徴的行為とも言えるということですね。。

 

効率的な勉強をサポートする「環境の整え方」

STUDY HACKS!

黄色のものを見ると、集中力がアップするというもの。

人は、ピンとをあわせるときに、黄色の部分で合わせているといわれており、黄色を見るとふっと集中力が戻るらしいのです。

集中力を欠いているときに、どこを見るでもなくボーっとしてしまう時があると思いますが、そういうときに黄色のものを見ると、集中力を取り戻せるらしいのです。

仕事や勉強をしているときに、

「集中力がない…」と感じた時は、

もしかしたら、机の上にある“”が関係している可能性があります。

 

暖色系が集中力を高めるためには有効とのことですが、

その中でも“赤”は興奮しすぎるので、短期的集中にはアリですが、長期的集中を持続したい場合は、黄色が良いようです。

 

本書の中では、他にも照明などの色の使い方などについても紹介されていました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

また、興味深い勉強や仕事をする時の姿勢として…

↓↓

STUDY HACKS!

体の状態を変えることで脳の状態を変えるということでいえば、“あぐら”も欠かせません。

あぐら

これは、体全体の緊張が解け、気持ちがゆったりする効果があるそうです。

 

小山龍介さんの知り合いのIT企業の社長なんかは、

周りの目を気にせず、レストランの椅子なんかでもあぐらをかくそうです。

その他にも、あぐら効果を実感している人が多いそうなので、勉強や仕事の姿勢で悩まれている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。。

 

「時間がない…」を前向きに捉え、キャリアアップへ!

「STUDY HACKS!」には、今回紹介した以外にもさまざまなビジネス勉強術が載っています。

「時間がない…」けど、効率的にビジネスの勉強をしながら、

副業、または転職をして、不安のない安定した生活を目指したい…

という気持ちがある人は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。。