「オオカミと七匹の子ヤギ」の絵本(英語あり)・朗読(オーディオブック)はこちら↓↓

「オオカミと七匹の子ヤギ」の絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)を“無料”で見るなら↓↓

「狼と七匹の子山羊」とは、グリム童話の1作品です。

「オオカミと七匹の子ヤギ」の『絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)』は下のリンクから“無料”でご覧いただけます↓↓

 

「狼と七匹の子山羊」の内容・あらすじ・要約

 

とある森の一軒家に、お母さんヤギと七匹の子ヤギたちが暮らしていました。

お母さんヤギは、買い物に行く際、こんなことを言いました。

「お母さんが帰ってくるまで、絶対にドアを開けちゃいけませんよ。もし約束を破ったら、オオカミに食べられちゃうからね!」

お母さんヤギは、そう言い残し、買い物へ出かけて行きました。。

 

オオカミと子ヤギたち

その様子をコッソリと見ていた一匹のオオカミ。

お母さんヤギが家からいなくなって、まもなく子ヤギたちの住む家へと訪ねて行きました。

 

オオカミは、お母さんの声マネをしながら、

「お母さんですよ!ドアを開けておくれ」

と言ってみましたが、

子ヤギたちは、お母さんにオオカミに注意するようにと言われたのを思い出し、

用心して、ドアの隙間からコッソリ覗いてみると、足がオオカミなのに気づき、ドアを開けませんでした。

 

しかし、オオカミもこんなことで諦めません。

足に白い粉をかけ、もう一度、子ヤギたちを訪ねると…

なんと、子ヤギたちはまんまと騙され、ドアを開けてしまったのです。

 

子ヤギは驚き、一斉に逃げましたが、もはや手遅れです。

子ヤギたちは食べられてしまいました。。

 

お母さんヤギの逆襲

その後、帰ってきたお母さんヤギでしたが、家のありさまにびっくり。

家の中がメチャクチャで、子ヤギたちもいません。

ですが、お母さんヤギは諦めず、

まだ間に合うかもしれないと、オオカミのもとへ向かってみることにしました。

 

 

お腹がいっぱいになったオオカミは、気持ち良さそうに木の下で眠っています。

これはチャンスと、お母さんヤギは、オオカミのお腹をハサミでチョキチョキと切り始めました。

 

すると、その膨れ上がったお腹から子ヤギたちが出てきたのです!

そして、お母さんヤギは、オオカミのお腹の中にたくさんの石を入れて、またお腹を糸で縫い合わせていきました。。

 

お腹に石が詰め込まれたオオカミは…

しばらくして、目を覚ましたオオカミは、なんだかお腹が重いことに気づきますが、

気にせず、そのまま川へ水を飲みに行きました。

と、その時!

オオカミはつるんと足を滑らせ、川に落ちて沈んでいってしまいました。

 

これを見ていたヤギたちは、オオカミをやっつけたと大喜び。

その後は、安心して幸せに暮らしていくことができたのです。。

 

「オオカミと七匹の子ヤギ」から学べる“教訓”を考察・解説!

 

ではここからは、「オオカミと七匹の子ヤギ」から学べる教訓を考察・解説していきましょう↓↓

 

緊急時こそ、慌てず冷静に考えること

「オオカミと七匹の子ヤギ」の童話からは、

緊急事態でも慌てず、冷静になって対策を立てる

重要性を教訓として学ぶことができます。

 

子ヤギたちを食べられたお母さんヤギは、とても悲しみ驚いたことでしょう。

ですが、希望を捨てずに、まだ子ヤギたちを助ける方法を探しました。

その結果、子ヤギたちを救うことができたのです。

さらに、ピンチをチャンスに変えて、オオカミのお腹に石を詰め、見事オオカミをやっつけることができました。

 

「オオカミと七匹の子ヤギ」の童話からは、

ピンチの時こそ、冷静になって物事を考える

ということを教訓として学ぶことができるでしょう。

 

ぜひ、名作童話「オオカミと七匹の子ヤギ」をご覧になってみてください(^^)

 




新刊本を【無料】配布!
1冊10分の「立ち読み」技術!

多数のベストセラー作家が通う「速読技術」に興味がある方は、他にいませんか?
この速読メソッドは、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この本は新刊本なので、現在“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓