「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」の絵本や動画を無料で見るには?【内容・あらすじ↓↓】

「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」の絵本やアニメ動画を“無料”で見るなら↓↓

 

「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」は、世界名作劇場シリーズの1つとしてテレビアニメで放送された作品です。

この作品の原作は、スイスの作家ヨハン・ダビット・ウィースの作品「スイスのロビンソン」です。

現在、“家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ”の「絵本やアニメ動画」は、下のリンクから無料でご覧いただけます↓↓

絵本を読む場合…

上のリンク先から“家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ”の「絵本」を読む場合、

「読み聞かせ 世界名作劇場」というシリーズ本を検索してください

その中の1作品として入っています。

 

「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」あらすじ

 

オーストラリアより少し離れたところに小さな島がありました。

パッと見渡す限り、人が住む村などは見当たりません。

…そう、ここは無人島なのです。

少し前にある家族がこの無人島に引っ越してきました。

それが、ロビンソン一家です。

 

ですが、ロビンソン一家は、なぜこのような人影もないところに引っ越してきたのでしょうか?

それは、オーストラリアに行く途中の船が嵐に遭って、壊れてしまったからです。

嵐の時、ロビンソン一家だけ逃げ遅れ、この無人島に流れ着いたのです。

 

無人島には、他に頼れる人などいません。

普通なら絶望してしまう人もいることでしょう。

…ですが、ロビンソン一家は生きることを諦めませんでした。

食べ物を作り、住む家を作り、時には、オオカミに襲われ…

みんなで協力して懸命に生き抜く、サバイバル生活が始まったのです。。

 

「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」の内容から学べる3つのポイント!

 

ではここから、「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」の内容から学べることを、3つのポイントに絞って並べてみましょう↓↓

 

役立つ「知識・知恵」の価値

無人島で生き抜くためには、まず何をすればいいのか?

無人島で何日も生活していくためには、たくさんの知識と知恵が必要になります。

お腹を満たすための食べ物を集めるには、狩りをしたり、畑を耕したりする知識が必要ですし、

雨風をしのぐには、住む家を作る知識だって必要です。

 

また、「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」の話の中では、

子供が高熱になる病気になるシーンがあります。

この時も、この高熱を下げるための知識がなければ、子供の病気は良くなりませんでした。

 

「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」では、

いざという時に役立つ「知識・知恵」の重要性が学べます。。

 

「協力」しなければ生きていけない

人が生きていくためには、必ず誰かと「協力」しなければ生きていけません。

今当たり前にあるように見えるものは、誰かが作ってくれたから存在するのです。

食べ物、住む家…など、生きていくためには、いろんなことをする必要があります。

 

「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」の無人島生活では、

決して1人ではできない「協力することで得られる力」についての大切さを学ぶことができます。

 

どんな状況でも、決して「諦めない」こと!

人生では、泣きたくなるほど苦しい状況は何度もやってきます。

それこそ、こんな苦しいなら消えてなくなりたい!と思うほどの出来事もです。

ですが、その苦しい状況で悲観して、ふてくされているだけでは、ずっと状況は変わりません

 

どうにもならないと思える苦しい状況時ほど、

未来に希望を持って、現実を見て、前に進もうと努力することこそ、目の前の道が開かれるのです。

 

ロビンソン一家は、無人島に漂流という危機的状況の中でも決して希望を捨てず、目の前の困難を乗り越え続けました。

「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」では、

“苦しい状況でも希望を持ち諦めないこと”の重要性を学ぶことができます。。

 

ぜひ、名作「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」をご覧になってみてください(^^♪

 




新刊本を【無料】配布!
1冊10分の「立ち読み」技術!

多数のベストセラー作家が通う「速読技術」に興味がある方は、他にいませんか?
この速読メソッドは、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この本は新刊本なので、現在“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓