「愛少女ポリアンナ物語」の絵本や動画を無料で見るには?【内容・あらすじ↓↓】

「愛少女ポリアンナ物語」の絵本やアニメ動画を“無料”で見るなら↓↓

 

「愛少女ポリアンナ物語」は、世界の名作劇場の1つとして以前テレビアニメで放送された作品です。

原作は、アメリカの作家エレナ・ホグマン・ポーターが生み出した作品『少女パレアナ』。

現在、“愛少女ポリアンナ物語”の「絵本やアニメ動画」は、下のリンクから無料でご覧いただけます。

絵本を読む場合…

上のリンク先から“愛少女ポリアンナ物語”の「絵本」を読む場合、

「読み聞かせ 世界名作劇場」というシリーズ本を検索してください

その中の1作品として入っています。

 

「愛少女ポリアンナ物語」あらすじ

 

アメリカの小さな町にポリアンナという少女がいました。

ポリアンナには、お父さんもお母さんもいません。

どちらも早くに亡くなってしまったからです。

 

でも、ポリアンナは目をキラキラと輝かせながら毎日を生きていました。

なぜでしょうか?

……

それは、父に教えてもらった「よかった探し」というゲームがあったからです。

「よかった探し」というのは、

どんなときでも「よかった!」と思えることを探すことで、いつでも心が元気でいられる!

という遊びです。

 

だから、ポリアンナは、どんな状況になっても笑顔を忘れず、毎日を前向きに生きていたのです。

そしてその前向きな心は、やがて、周りにいる不幸そうな顔をしている人たちを巻き込みながら、

多くの人に“愛”を届けることになります。。

 

「愛少女ポリアンナ物語」の内容は3つのポイントで要約!

 

ではここから、「愛少女ポリアンナ物語」を3つのポイントに分けて要約して紹介していきましょう↓↓

 

苦しい時こそ、父の教え「よかった探し」を忘れずに!

ポリアンナは、幼くして父と母を亡くして、ひとりぼっちになったのです。

その悲しみは、どれほど辛いものだったでしょうか。

でもポリアンナは、苦しい時の「よかった探し」を忘れず、笑顔でい続けたので、心の輝きが失われることはありませんでした。

 

その後ポリアンナは、お父さんの妹パレー・ハリントンに引き取られましたが、

パレーおばさんは、ポリアンナに冷たく接します。

それでも、ポリアンナは…

「きっと、おばさまもいつか、わたしがこの家に来て、“よかった!”と思ってくれるわ」

どんな状況でも“前向きな姿勢”を忘れず、「笑顔」で生きていく

その父の教えは、ポリアンナの心を元気にしていきました。。

 

自分の脚が動かない…その時ポリアンナが涙をこぼした理由とは?

「あぶないっ!ポリアンナーーーっ!!」

自動車にはねられたポリアンナは、頭から血を流し、大ケガを負ってしまいました。

 

幸い、ポリアンナの命に別状はなく、意識もしっかりしていました。

ですが…

両脚がピクリとも動きません…

医者「残念ですが、おじょうさまは、二度と歩くことができないでしょう」

 

この出来事に一番ショックを受けたのは、ポリアンナではなく、一緒に住んでいたパレーおばさんでした。

パレーおばさんは、今までポリアンナに冷たく当たったことを悔やみ、心から後悔しました。

 

そんな状態の中、1番に気遣ってくれたのは、ほかならぬポリアンナでした。

「ありがとう、おばさま。おばさまと一緒にいられるだけで本当に嬉しいわ」

ポリアンナは、自分の脚が動かなくなった痛みより、パレーおばさんの心の痛みのほうがとても痛かったのです。。

 

「よかった探し」でみんなの“愛”を繋ぐ!

ポリアンナは、自分がどんなに苦しい状況でも、周りの人を“幸せ”にする心を忘れませんでした。

その精神も、父から教えられた「よかった探し」が原点です。

というのも、ポリアンナは、周りの人を“笑顔”することこそが、自分も笑顔になれることを知っていたからです。

相手が笑ってるの見ると、自分も幸せな気持ちになる…

こんな思いで生き続けました。

そしてそれは、やがて周りの多く人を“愛の輪”で繋ぐようになるのです。。

 

ぜひ、名作「愛少女ポリアンナ物語」をご覧になってみてください(^^♪

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」