【無料】トルコ昔話「ネズミとゾウ」の絵本(英語あり)・朗読(オーディオブック)はこちら↓↓

無料で「ネズミとゾウ」の絵本(日本語・英語)や朗読(オーディオブック)を見るなら↓↓

「ネズミとゾウ」とは、トルコの昔話の1つです。

「ネズミとゾウ」の『絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)』は下のリンクから“無料”で見ることができます↓↓

 

「ネズミとゾウ」内容・あらすじ

 

ある日、1匹のネズミが1枚の鏡を拾いました。

その鏡はある魔法がかけられた鏡で、その鏡を見た者は、自分が強くなったと思い込む鏡でした。

 

ネズミは、鏡をのぞき込み、自分が世界で1番強い動物だと思い込むようになってしまいました。

ネズミはそれからというもの、道の真ん中をいばり散らして歩くようになりました。

「さぁ、どんなやつでもかかってこい!」

 

しばらくすると、年寄りのおばあさんネズミに会いました。

「こぉれ!そこのぼうや!そうやって偉そうに道の真ん中を歩いてると、ゾウに踏みつぶされてしまうよ」

ネズミは、世界で1番強いと言われるゾウという動物がいることを知りました。

ですが、今のネズミには怖いものなどありません。

ネズミは、ゾウを探すことにしました。

「お前がゾウか!!」

「僕はトカゲだよ」

「ん…お前がゾウだな!」

「なにを言ってるの?私はウサギよ」

なかなかゾウが見当たりません。

と、歩き回っていると…

ドンっ!

何か大きな柱にぶつかってしまったと思いました。

ですが、それは柱ではなく、本物のゾウでした。

ネズミは、とうとう見つけたとゾウに勝負を挑むことにしました。

「やい!お前がゾウだな!俺と勝負だ!!」

しかし、ゾウは振り向きもしません。

「このぉ…見てろー」

ネズミはゾウの足をつたってゾウの上へと乗り、思いっきり飛び跳ねました。

ですが、ゾウは依然としてネズミを無視したままです…

と、その瞬間!!

ゾウは鼻から勢いよく体に水をかけました!

「うぎゃぁ~~!!」

ネズミはその水に流され、危うくおぼれかけました。

「くそぉ~世の中にこんな強いやつがいたなんて…」

ネズミは世の名の広さを知りました。

もっとも、ゾウは最後までネズミのことなど気にしていなかったのですが。。

 

「ネズミとゾウ」の内容から教訓として学べるポイント!

 

ではここからは、「ネズミとゾウ」から教訓として学べることを紹介していきましょう↓↓

 

挑戦する前に「自分と相手を知ること」の重要性

「ネズミとゾウ」に出てきたネズミは、自分が世界で1番強いと思い込んでいました。

だから、ゾウに真っ向勝負を仕掛けたのです。

誰の目から見ても、ネズミがゾウに真っ向勝負で勝てないことは明らかでした。

 

ではなぜ、ネズミはこんな無謀なことをしたのでしょうか?

それは、「知識」がなかったからです。

 

ゾウがこれほど大きくて強いことを知らなかった…

自分が小さな体をしたネズミだということを知らなかった…

つまり、相手と自分について知るということを怠ったのです。

 

世の中の広さを知らなかったからこそ、

ネズミはゾウに勝ち目のない真っ向勝負を挑んでしまいました。

 

時には、飛び込む勇気も必要ですが、

それ以上に「ネズミとゾウ」では、挑戦する前に「自分と相手を知ること」の重要性が学べます。。

 




新刊本を【無料】配布!
1冊10分の「立ち読み」技術!

多数のベストセラー作家が通う「速読技術」に興味がある方は、他にいませんか?
この速読メソッドは、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この本は新刊本なので、現在“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓