【無料】「みにくいアヒルの子」の絵本(英語あり)・朗読(オーディオブック)を見るなら↓↓

「みにくいアヒルの子」の絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)を“無料”で見るなら↓↓

「みにくいアヒルの子」とは、デンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンによって生み出された童話です。

「みにくいアヒルの子」の『絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)』は下のリンクから“無料”でご覧になることができます↓↓

 

「みにくいアヒルの子」の内容・あらすじ・要約

 

ある日、農場の池のほとりにある草の茂みの中で、1羽のアヒルが小さなヒナ鳥たちを生みました。

ですがよく見てみると、

その中に1羽だけ他のヒナ鳥たちとは見た目が違うヒナ鳥が混ざっています。

他のヒナ鳥は真っ白であるのに、そのヒナ鳥だけ薄汚れた灰色をしているのです。

 

「お前はみにくいねw本当に僕たちと同じ兄弟なの?」

みにくいアヒルの子は、次第に他のヒナ鳥たちからイジメられるようになってしまいました。

それに耐えられなかった“みにくいアヒルの子”は、群れから離れることにしました。

 

「ここならイジメられないかも…」

みにくいアヒルの子は、他の鳥たちの群れを探し、

自分も仲間に入れてもらおうとしましたが、どこに行っても仲間外れにされてしまいます。

 

「はぁ…僕はなんでこんなに“みにくい”んだろう…」

水面を見ては、自分の姿に落ち込む“みにくいアヒルの子”は、とうとう1人ぼっちになってしまいました。

 

温かい季節は良かったですが、冬になると水面は凍りつき、寒くてたまりません。

それでも、バカにされるよりはマシだと、ずっと1人ぼっちで耐えていました…

 

月日は流れ、春の季節がやってきました。

そこへ、1羽の白鳥が“みにくいアヒルの子”の近くにきて友達になろうと話しかけてきました。

 

「えっ!?だって僕はこんな“みにくい”のに、君たちみたいなキレイな鳥たちと一緒にいちゃ…」

みにくいアヒルの子は、白鳥たちのあまりの美しさに、醜い自分の姿が引け目に感じてしまいました。

ですが…

「君は何を言ってるんだい?自分の姿を見てみなよ!」

みにくいアヒルの子は、白鳥の言われるままに自分の姿を水面で見ていると…!?

 

「みにくいアヒルの子」の内容から学べる“教訓”!

 

ではここからは、「みにくいアヒルの子」から学べる教訓をいくつかのポイントに分けて紹介していきましょう↓↓

 

それぞれの「個性」を認めること!

「みにくいアヒルの子」では、“個性を認める大切さ”について考えさせられます。

 

「みにくいアヒルの子」の正体は、アヒルではなく美しい“白鳥”でした。

ですが子供の頃は、薄汚れた灰色のような色をしていたので、他のアヒルのヒナ鳥たちからイジメられることになるのです。

 

簡単に言えば、

「お前だけ違うからダメ」

と仲間外れにされたんですね。

「個性」が認められなかったと言ってもいいかもしれません。(この場合は見た目)

 

この状況は、人間の集団でもよくあることですよね。

「お前の考えは他とは“ズレ”てる…」

と言って、自分とは違う意見を受け入れないことなんて、学校でも社会でもしょっちゅう起きます。

 

アヒルも白鳥もそれぞれの特徴があって良いと思いますが、

それぞれの「個性」を大切にし、自分以外の「個性」を認める“感性”を持つことを忘れないようにしたいものです。。

 

自分の「思い込み」を改め、自分を知ること!

「みにくいアヒルの子」では、“自分自身を知ること”の重要性についても学べます。

 

「みにくいアヒルの子」は、「自分の見た目は醜いんだ…だから嫌われるんだ…」とずっと自分の可能性に気がつけずにいました。

ですが、本当は優雅に空を飛べる美しい白鳥だったわけです。

これは、周りの人や環境によって、自分は醜いと“思い込まされていた”のが原因ですね。

 

私たちの社会でも、年を重ねるにつれ、「自分に自信を持つこと」を喪失させられてることが多いような気がします。

「お前には無理だ、できない…」

と言った感じで。

 

そういった考えが、多くの人の可能性を潰していくんでしょうね…

気をつけたいものです。。

 




新刊本を【無料】配布!
1冊10分の「立ち読み」技術!

多数のベストセラー作家が通う「速読技術」に興味がある方は、他にいませんか?
この速読メソッドは、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この本は新刊本なので、現在“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓