「こんにちは アン ~Before Green Gables」の絵本や動画を無料で見るには?【内容・あらすじ↓↓】

「赤毛のアン」の絵本や映画・アニメ動画を“無料”で見るなら↓↓

 

「こんにちは アン」は、テレビアニメ世界の名作劇場の中の1作品として以前放送されました。

原作は、カナダの女性作家バッジ・ウィルソンによって描かれた作品「Before Green Gables」です。

現在、“こんにちは アン”の「絵本・アニメ動画」は、下のリンクから無料でご覧いただけます。

「絵本」を読む場合…

上のリンク先から“こんにちは アン”の「絵本」を読む場合、

「読み聞かせ 世界名作劇場」というシリーズ本を検索してください

その中の1作品として入っています。

 

「こんにちは アン 〜Before Green Gables」あらすじ

「こんにちは アン 〜Before Green Gables」は、「赤毛のアン」で描かれたアンのもっと幼い時のお話です。

「赤毛のアン」の絵本や動画を無料で見るには?【内容・あらすじ↓↓】

2019.04.21

 

アンは赤ちゃんの頃に両親を2人ともなくしたため、トーマス家へ引き取られることになりました。

ですが、その家庭は少し問題ある家庭でした。

父親がなかなか仕事をしないのです。

そのため、家庭内は少しピリピリとした空気が漂っていました。

そんな状況でも、幼いながらもアンは懸命にお手伝いをして、自分を認めてもらおうと努力します。

 

ですが、アンは子供でも他人の子

アンを引き取ってくれた奥さんですが、働かない父親のイライラはアンへと向くことになるのです。

そして、最後には…

 

「こんにちは アン 〜Before Green Gables」の内容を3つのポイントで要約!

 

ではここから、「こんにちは アン 〜Before Green Gables」の内容を3つのポイントで要約していきましょう↓↓

 

アンの引き取り手は?振り回されるアン…

アンは赤ちゃんの頃に、お父さんとお母さんの両方をなくします。

なので、誰かに引き取ってもらうか、孤児院へ行くか、どちらかしかありません。

 

最初にアンを引き取ってくれたのは、トーマス家でした。

「今日は水くみとお掃除やって…」

とアンは一生懸命お手伝いしました。

ですが、お酒ばかり飲んでいてろくに働かない父親のために、奥さんもイライラしていました。

そのイライラは、小さいアンに向くことになるのです。

 

学校に通えた時期もあり、アンは勉強をとても楽しく取り組んでいましたが、すぐに大人たちの勝手で行けなくなります。

そしてついには、トーマス家の事情で家を追い出されてしまいます。

 

その後、アンを引き取りたい…という人が現れますが、

そこでもコキ使われたあげく、またもや大人たちの事情で放り出されてしまうのです。。

 

「孤児院へ…」心を閉ざすアン。

どこにも行くところがないアンは、とうとう孤児院へと送られてしまいます。

何度も自分勝手な大人たちに振り回されたこともあり、アンはショックで心を閉ざしてしまいます

 

誰に話かけられても知らんぷり…

そんなアンのことを、周りの孤児もよく思いません。

この態度がきっかけで、さまざまな嫌がらせを受けることになってしまうのです。。

 

【一通の手紙】“1人”引き取りたい…

ある日、孤児院に一通の手紙が届きました。

その内容は、

11歳の女の子を“1人”引き取りたい…

というもの。

孤児院の中に11歳の女の子は2人います

アンとエドナという女の子です。

 

エドナは、自分がその1人になりたいとアンを利用しようと作戦を立て実行しました。

その作戦に見事ハマってしまったアン。

ですが、アンもエドナに負けたくありません。

さて、この2人の結末はどういう展開で幕を閉じるのでしょうか?

ぜひ、赤毛のアンの幼い頃を描いた名作「こんにちは アン 〜Before Green Gables」をご覧になってみてください(^^♪

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」