「赤毛のアン」の絵本や動画を無料で見るには?【内容・あらすじ↓↓】

「赤毛のアン」の絵本や映画・アニメ動画を“無料”で見るなら↓↓

 

「赤毛のアン」は、カナダの女性作家ルーシー・モード・モンゴメリによって生み出された作品です。

テレビアニメ・映画・ドラマなどさまざまな形で放送され、世界中で愛されています。

現在、“赤毛のアン”の「絵本や小説、映画・アニメ動画」は、下のリンクから無料でご覧いただけます。

「朗読」を無料で聞きたい場合は…

耳で聞く「朗読」なら、こちらから(無料)で聞くことができます。。

 

「赤毛のアン」あらすじ

 

れ…男の子じゃない…」

孤児を引き取りに来たマシュウさんは、赤毛のアンを見てそう思いました。

なぜなら、マシュウさんの家では仕事を手伝える男の子を希望していたからです。

 

ですが、アンはそんな気持ちなど知らずに、マシュウさんが引き取ってくれることをとても喜んでいます。

そんな状態で突き放せるほどマシュウさんはひどい人ではありません。

とりあえず、家へ連れて帰ることにしました。

 

家へ着くと、一緒に住んでいた妹のマリラさんも同じ反応で、思わず口に出してしました…

「これはどういうこと!?男の子は…」

 

アンはとても悲しくなりました。

私はまた孤児院へ戻されてしまうの…?」と。。

 

ですがマシュウさんは、アンの元気さがとても気に入っていましたので、アンを引き取ることにしました。

 

「私、うんと良い子に育つからね♪」

この言葉通り、アンは2人の自慢の娘へと成長していくことになるのです。。

 

「赤毛のアン」の内容を3つのポイントで要約!

 

ではここから、「赤毛のアン」の内容を3つのポイントで要約していきましょう↓↓

 

「赤毛コンプレックス」のアン

とてもおしゃべりで元気なアンは、何事も前向きに捉える性格でしたが、

どうしても自分を好きになれないところがありました。

…それは「赤毛」であること、です。

 

こんな出来事がありました。

↓↓

学校に通っていた時に、隣に座っていた男の子がアンの赤毛を掴んで、こうからかったのです。

にんじん、にんじんw

赤毛がコンプレックスであったアンは、この一言は絶対に許せませんでした。

カッとなったアンは、近くにあった板をその男子生徒の頭に叩きつけます!

それ以来、その男の子がどんなに謝ったり、優しく接しても決して許すことはありませんでした。

それだけ、アンにとって赤毛であることは、嫌だったのです。。

 

【アンの成長】自慢の娘に育っていく…

「あんたそんな背が高かったかい?」

アンが家に引き取られてから、長い月日が経ちました。

もう15歳です。

アンは、いろんなことを学びながらすくすくと成長していきました。

 

そんな中、アンは勉強にも熱心に取り組んでいました。

見事、難関学校への合格が決まったのです!

しかも1番の成績での合格でした。

 

ついこの間までは「小さなアン」でした…

ですが、いつのまにかアンは、引き取ってくれた2人にとっても、自慢の娘に育っていったのです。。

 

【周りの変化】訪れる悲しみ…

アンが大きく成長すれば、年老いて弱っていく人もいます。

引き取ってくれた2人もそうでした…

 

「アンは、わしの自慢の娘じゃ」

と、ずっと応援してくれたマシュウさんが突然倒れてしまいました

 

アンは、自分を孤児院から引き取って、ここまで育ててくれた2人のことをとても大切に思っています。

ですが、自分が成長すると同時に、変化していく周りの状況に戸惑いも感じていました。

それでも、さまざまな悲しみを乗り越えて成長していくアン…

 

さて、アンは最終的にどのような道を歩むことになるのでしょうか?

ぜひ、名作「赤毛のアン」をご覧になってみてください(^^♪

「朗読」を無料で聞きたい場合は…

耳で聞く「朗読」なら、こちらから(無料)で聞くことができます。。

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」