【無料】「カエルと牛」の絵本(英語あり)・朗読(オーディオブック)はこちら↓↓

「カエルと牛」の絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)を“無料”で見るならこちら↓↓

「カエルとウシ(蛙と牛)」とは、イソップ寓話(童話)の1作品です。

「カエルと牛」の『絵本(日本語・英語)・朗読(オーディオブック)』は、下のリンクから“無料”で見ることができます↓↓

 

「カエルとウシ(蛙と牛)」の内容・あらすじ・要約

 

ある日、池のほとりでカエルの子供が水遊びをしていると、1頭の大きな牛がやってきました。

子供のカエルは、この世界にこんな大きな動物がいるのかと驚き、それをお母さんカエルに伝えました。

 

すると、お母さんカエルは、息を大きく吸い込み、お腹を大きく膨らませ、こう言いました。

「その牛は、このぐらいの大きさだったかい?」

 

子供カエルは素直に、

「そんなもんじゃないよ、もっと大きかったよ」

と言いました。

 

お母さんカエルは、さらに息を吸い込み、お腹を膨らませて…

「じゃあ、このぐらいの大きさかい?」

と言いましたが…

子「違うよ、もっともっと大きかったよ!」

 

お母さんカエルは、だんだんとムキになっていきました。

どんどんと息を吸い込んでいき、自分が苦しくなっても、子供が牛より大きいと言うまでやめませんでした。

 

しかし、その瞬間!

パァンッ!!

 

最後には、お母さんカエルのお腹は破裂してしまいました。。

 

「カエルとウシ(蛙と牛)」から学べる“教訓”を考察・解説!

 

ではここからは、「カエルとウシ(蛙と牛)」から学べる教訓を考察・解説していきましょう↓↓

 

自分を知ること

「カエルと牛」の童話からは、

自分自身を知ること”の重要性を教訓として学ぶことができます。

 

お母さんカエルは、子供から牛の話を聞いた時に、少し対抗意識を燃やしてしまいました。

誰かと張り合うことが必ずしも悪いわけではありませんが、明らかに勝てない戦いというのはあるものです。

この童話の場合、カエルと牛が大きさで張り合っても勝てるわけがありません。

ですが、お母さんカエルは、そんなことは考えずに、自分のお腹を膨らませ続け、最後にはお腹が破裂してしまいました。

つまり、自分と牛とを冷静に見れていなかったため、痛い目にあってしまったのです。

 

「カエルと牛」の童話からは、

自分のできることを知ること

の大切さを教訓として学ぶことができるでしょう。。

 

ぜひ、イソップ寓話(童話)の1つ「カエルと牛」をご覧になってみてください(^^

 




新刊本を【無料】配布!
1冊10分の「立ち読み」技術!

多数のベストセラー作家が通う「速読技術」に興味がある方は、他にいませんか?
この速読メソッドは、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この本は新刊本なので、現在“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓