「南の虹のルーシー」の絵本や動画を無料で見るには?【内容・あらすじ↓↓】

「南の虹のルーシー」の絵本やアニメ動画を“無料”で見るなら↓↓

 

「南の虹のルーシー」は、テレビアニメでも以前放送されたことのある「世界の名作劇場」の1作品です。

原作は、オーストラリア人のフィリス・ピディングトンの作品「南の虹」。

現在、“南の虹のルーシー”の「絵本やアニメ動画」は、下のリンクから無料でご覧いただけます。

「絵本」を読む場合…

上のリンク先から“南の虹のルーシー”の「絵本」を読む場合、

「読み聞かせ 世界名作劇場」というシリーズ本を検索してください

その中の1作品として入っています。

 

「南の虹のルーシー」あらすじ

 

イギリスからオーストラリアに引っ越してきたポップル一家という家族がいました。

その一家の3女8歳のルーシーは、とてもワクワクした気持ちで走り回っています。

 

お父さんは、みんなにこう言いました。

「父さんの夢は、大きな農場を持つことだ。みんなで力を合わせて頑張ろう!」

その時、みんなの心は希望に満ちていました。

 

しかし、いざ暮らしを始めてみると、なかなか思うようにはいきません。

大きな農場どころか、今あるのは小さな古い家だけ…

 

でも一家は、決して諦めません。

空の「虹」を見上げて、希望を持って生きていくことを決意するのでした。。

 

「南の虹のルーシー」の内容を3つのポイントで要約!

 

ではここから、「南の虹のルーシー」の内容を3つのポイントで要約していきましょう↓↓

 

夢と現実の差…「希望の虹」

ルーシーたちは、イギリスからオーストラリアへ引っ越して来ました。

ルーシーのお父さんの夢は、「大きな農場を持って家族で幸せに暮らすこと」でした。

 

その夢を実現するために、ルーシーのお父さんは毎日せっせと働きました。

オーストラリアに来た頃は、何もない状態でしたが、めげずに一歩ずつ歩き始めました。

 

ですが、夢と現実の差は、なかなか大きいものでした。

チャンスをなかなか掴めない一家は、生活もさらに厳しくなっていきました。

でも、そんな時に一家で空を見上げると、きれいな「」がかかっていました。

まるで、一家を励ます希望の夢への架け橋のように。。

 

記憶喪失…行方不明になるルーシー!

「あぶないっ!」

ある日、ルーシーは、通りかかった馬車にひかれてしまいます

その時、気を失っていたルーシーを助けてくれたお金持ちの紳士がいました。

 

紳士の家へと連れてかれたルーシーが目を覚まします。

「お嬢ちゃん、名前を教えてくれるかな?」

紳士は、ルーシーを心配そうに見つめていました。

 

ルーシー「えっ…っと…、わからない…わたしは…誰なのかしら?」

なんと、ルーシーは、馬車にひかれたショックで記憶喪失になってしまいました。。

 

一筋の光…愛犬リトルの決死の捜索!

ルーシーの家では、行方不明となったルーシーを必死に捜索しますが、なかなか見つかりませんでした。

 

そんな時、決して諦めなかったのが、愛犬のリトルでした。

リトルは、子供の頃にルーシーに拾われてから、ずっとルーシーと一緒に暮らしてきました。

なので、リトルにとって、ルーシーはかけがえのない存在です。

足にケガをしても、お腹がすいても…朝から晩までずっとルーシーを探し続けました。

 

そんなある日、橋の上に偶然立っていたルーシーは見つけます。

リトルは、しっぽを振りながらルーシーに飛びつきました!

すると…

 

さて、ルーシーの記憶喪失を知らずに飛びついた愛犬リトル…このあとどういう展開が待っているのでしょうか?

ぜひ、名作「南の虹のルーシー」をご覧になってみてください(^^♪

 




新刊本が、なぜ【無料】?
大学教育が正式採用!?
☟「“現実的”速読の正体」☟

大学教育、社員研修で採用された実績のある「1冊10分の現実的な速読技術」に興味がある方は、他にいませんか??

事実、この速読メソッドは、多くのベストセラー作家も通い詰めるほどで、なんと3日間の集中講座で98%の習得率を記録しました!!

この新刊本は現在、“レビュー集め”のために、『無料』で手に入れることができます。
期間限定のキャンペーンは、下のリンクからチェックしてみてください↓↓


P.S.この本の詳しいレビューや要約を知りたい方のために、(別サイトですが)わかりやすくまとまった記事ページを紹介しておきます↓↓
【レビュー・要約】「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」